« 「音楽のちから」にチラッとJAM | トップページ | パンドラ »

2013年7月 7日 (日)

Presen Marche イエローモンキー特集

1000689_509294715791453_630952530_n

ナビゲーターの相越久枝さんとコウズマユウタくん

どっちもイエローモンキーファンなので

楽しい楽しい♪

オープニング曲はやはりコレ

「悲しきASIAN BOY」

ちょこちょこコーナー挟んだりするのですが

4時間ほぼイエローモンキー

凄い番組です。

イエローモンキーに影響を受けた

アーティストも多数コメントを寄せてくれました。

中田裕二
新里英之(HY)
村田智史(真空ホロウ)
秋野温(鶴)
オカモトコウキ(OKAMOTO’S)
松田晋二(THE BACK HORN)
近藤晃央

で、番組終盤にやっと!

エマちゃん登場♪

相越「なんとこの方をキャッチすることができました!」

エマ「あ、確保されちゃいました。」
「えー、ギターやってます。菊地英昭といいます。」

相越「はい。brainchild'sの菊地英昭さんです。」

-中略-

相越「cross fmはハタチなんです。」

エマ「そうですね。そうらしいですね。20年。」

相越「でもね、バンドの方が、エマがプロとして
キラーメイでデビューしてから。」

エマ「あ、それの方が長いかな。」
「僕の方がちょっと先輩かな。」

相越「いや、かなり先輩。
どの皆様よりも先輩なんじゃないですか
メジャーデビューなさったの。」

エマ「イエローモンキーの中で?」

相越「はい。」

エマ「ま、うちのアニーが一緒なんだけどね。」

相越「あ、そっかそっかそっか。」
「そうですね。御兄弟で。」

エマ「あいつは十代で一回デビューしてるから。」
「ね、アイドルみたいだね。どっかの。」

相越「良く大学卒業できましたよね。」

エマ「ねぇ、8年かかって。」

相越「お兄ちゃんが見守りながら。」

エマ「僕も7年かかってるけど。」

相越(笑)

エマ「途中休学してますけど。」
「自分は、1年前くらいかな?デビューする。」

相越「網タイツ履いてらっしゃったから。」

エマ(笑)

相越「(笑)ということで、お忙しい中ね
こうやって、エマさんにお話を伺うという。」
「でも、cross fmを含めて
エマなりに、福岡は!とか、crossは!とか、思い出って。」

エマ「まぁでも、食べ物が美味しいのは凄く
(笑)やっぱそれ、大事だと思うよ。」

相越「まぁまぁ、でも確かに福岡は美味しい。」

エマ「まぁ、なんだろ。
どっちかというと、相越さんですよ。私から言わせれば。
福岡といえば。」

相越「そんな、恐れ入ります。」

エマ「福岡というかね、昔長崎だったじゃないですか。」
「九州といえば、もう相越さんで。」

相越「うわぁ!ありがとうございます!」

エマ「ホントにうちらがね、イエローモンキーってバンドが、
まぁ東京は東京で、ちょこちょこ、
まぁ人気があったんですけど」

相越「(笑)めっちゃ人気あったじゃないですか。」

エマ「ホント地方で弱くて」

相越(大笑)

エマ「やっぱそこを、(相越さんに)笑ってないで、そのあのー」

相越「(笑)照れるんですよ。褒められると。」

エマ「そこをホントにプッシュしてくれて
もうホントなんだろ。あの、感謝してるんです。私達。」

相越「褒められ慣れてないから
凄いどうしていいんだか分からなくなりますね(笑)」

エマ「それじゃ今日はそういう日にしましょう。」

相越「いやいや、めっちゃ居ずらいじゃないですか。」

エマ「もう、瞳も可愛いしね(笑)」
「いやホントにね、でも、盛り上げてくれてたじゃないですか。」

相越「いやいや、あのー、バンドが解散しても
それぞれにみんなが音楽活動を
エマはこうやってbrainchild'sをやってくれたりだとか
あと色んな形があるじゃないですか
だから、ね、まだこうやって、私も、させていただけるという。」

エマ「私もね、引退しなくて良かったですよ(笑)
こうやって会えるし。」

相越「あの、いただいた本見ましたよ。」

エマ「あ、菊地英昭ですか?本。」

相越「はい。読ませていただきました。」

エマ「すみません。恥ずかしいですね。」

相越「いや、でもやっぱり、メンバーならではのと
あとやっぱりあのー、色々あって
アルバムごとにインタビューはさせてもらってましたけれど
やっぱ知らなかったギターのことだったり
ちょっとしたことの、自分達の試行錯誤した部分とか
はなんか、あぁ、やっぱあの時はそうかぁ、みたいな」

エマ「そう。それとやっぱ、当時は言えなかったり
なんか、色々あるんですよね
だから、別に音楽誌っていっても色々あったしね当時も
でもそこまでその、機材のことと精神状態と一緒に
話せるとこってなかったりとかしたから
本出して良かったなと思いますね。」

相越「ねぇ、あっという間にホント、読み終えましたし
ねぇ、良く分かりましたし。」

エマ「ま、簡単な内容だったでしょ。」

相越「いえいえ、そんなことなかった。
私もっと、もっとライトな感じかなと思ってたけど
逆に、もっと深かったんで、あぁ、エマはって
あともっと、エマもやっぱり凄い、尖ってるなと思いました。」

エマ(笑)

相越「ほら、笑顔がね。
笑う悪魔でしたからね。
柔和な笑顔に騙されつつな感じでしたけど。」
「あ、結構やっぱり、
みんなそうだったんだなって思いながら。」

「あとね、今回ですね
色んなアーティストさんに、
あのー、メッセージとかをいただいてるんですけど
さっきちょっと言ってましたけど
OKAMOTO’Sのギターのコウキくんとかもそうだけど
凄い好きなんですって、エマのこと。」

エマ「あー、はい。じゃ、会いに行きましょうよ(笑)」

相越「さっきね、ここで
じぇじぇじぇとか言ってたでしょ。」

エマ「じぇじぇじぇじぇじぇですよ。」

相越「ホントもう、インタビューする時
メンバーで当時、一番しゃべらないみたいな。」

エマ「あ、でもそれは、そうですね。」

相越「私は同い年だから、割としゃべって。ねぇ。」

エマ「話しやすかった。相越さんはホントに。」

相越「もっとおしゃべりな人がいますから。」

エマ「そうそう、だからその、バランスがね、あるから。」

相越「役割なんだと思ってたんですか?」

エマ「あんまだから」

相越「俺はクールに」

エマ「クールに。自分がなりたかった奴なんだけどね。」

相越(笑)

エマ「元々だから、結構くだけた人間なんだけど
まぁ憧れてんのは
なんかこう、ジョー・ペリーだったりとか
次元大介だったりとか
あとガッチャマンのコンドルのジョーとか
クールなクリント・イーストウッドみたいな
まぁちょっと、ポーズしてたかな。」

相越・エマ(笑)

相越「言ってるし(笑)ちょっと、もう(笑)
でもね、それに憧れてギター持ったっていう
ま、メッセージも凄い多いので
で、なんと今日うちの相方の
コウズマユウタくんっていうナビゲーターが
BGMがギター弾き語りイエローモンキー(笑)」

エマ「(笑)それは、率先してやってるんですか?」

相越「ギターだけずっと流しのように
ギターをジャカジャカ(笑)」

エマ「それ聴きたいなぁ。
え、7日は居ないよ俺。」

相越「エマさん北海道?」

エマ「そう、7日は。」

相越「でも今日この日にやれるっていうのは
私も後で分かったことで
なので色んな思いで皆さんメッセージ下さってると
思うんですけど。
4時間!イエローモンキーということで。」

エマ「全曲でさぁ、イエローモンキーって何曲?120?」

相越「120?ていうかエマはメンバーなのに知らないの?」

エマ「うん。」

相越「(笑)自信満々に言ったね。」

エマ「122曲ですよ。」

相越「122曲か。」

エマ「122曲ですよ。知ってましたよ。嘘です。
今ね、教えてもらいました。」

相越「知ってる。見た(笑)
ねぇ、でもそんなによ。ですよ。今度しかも」

エマ「ベストを作る。」

相越「ファンの選ぶですよ。」
「メンバー監修の奴は前ありましたけどね。」

エマ「ありましたね。だいぶ前ですけど。」

相越「どうでしたか。感想みて。」

エマ「そうだねぇ、やっぱ、ライブで人気のある曲とか
やっぱそれは入ってて、
あ、凄いライブバンドだったんだなって思うのも半面
やっぱシングルで、みんなの心の中にずっと
残ってる曲も人気あるんだなって。」

相越「例えばどんな曲?」

エマ「『SUCK OF LIFE』って曲は、
ライブで結構、CDで違うパフォーマンスをしてたりとか
演奏も違ったりとかするけど、
でもなんかこう、ライブでは絶対やって欲しい曲の
リストにいつもファンの人からもらってて
それがそのまま、
あの、トータルの自分の3曲だって言われたら
絶対『天国旅行』は入れてるんですけど。
『天国旅行』って曲はやっぱ、あの、なんだろう
色んな意味でね、あのシリアスなとこがいっぱいあるけど
シチュエーションだったり、曲の内容だったり
なんか、それでもなんかこう、みんなの、ねぇ、
好きな曲に選ばれるっていいなぁって思ったりとかね。

ライブの記憶の方が、鮮明なので
で、古い曲ももちろん、その『ASIAN BOY』ってのが
サードの曲なんだけど、最後の方までずっとやってる
まぁ東京ドームでもやったし、
で、そういう、ライブで映える曲っていうか
うちらが演奏しててこう、
グル―ヴをこう凄く、楽しめる曲ってやっぱ
なんかみんなのねぇ、
中にも入ってたのが凄い嬉しかったんで
『ASIAN BOY』とかやっぱ凄い嬉しかったですね。
『SUCK OF LIFE』もそうですけど。

相越「あのー、FAN'S BEST SELECTION
7月31日にリリースということで
投票なさった方
結構ミュージシャンも投票してた。」

エマ「これってメンバーも投票してよかったの?」

相越「良かったんじゃないですか?」
「してないの?(笑)」

エマ「してないよ(笑)
だから、私のモザイクフォトはないです。」

相越「あー、俺はないよ。」

エマ「俺はない。」

相越「あれ見事ですけどね。」
「でね、これ初回限定の特典DVDが
これは凄いですよ!」
「TVアーカイヴですよ。良く出しましたね。」

エマ「これ、うん。超恥ずかしい。
超恥ずかしいですけど、何回も笑ったね。」
「笑えるとこもあるし、
あと、まぁ、なんかこう、あ、そうだったなぁ・・」

相越「これまた見られるっていうのは
相当凄いですよ!
これ限定数ですかね?」

エマ「初回限定。」

相越「わ、もうじゃあ、なんか、強気な
なくなったら知らねぇぞみたいな。コロムビアさんが。」

エマ「で、中ジャケに、あの、
コラージュした私達の写真が載ってる。」

相越「うーん、是非ねぇ、
見つけられたら、これもミラクルだ。」
「作品としてね。凄くあの、いい写真になってます。ねぇ。」

エマ「はい、是非聴いてもらいたいです。」

相越「良かった良かった。
今回は喉仏だけの奴じゃなくて。」

エマ「え!?(笑)」

相越「(笑)いや、去年、
喉仏だけのポスターがあったから4人の。」

エマ「あ、そうかそうかそうか。」

相越「クイズしてたもん。
さぁ、誰の喉仏でしょう?」

エマ「俺、すぐ分かるんじゃないですか?」
「俺一番デカイですよ、喉仏。」

相越「分かんないよ(笑)」
「そんなの知らないよ、みんな(笑)」

「ということで7月31日に、発売となります。
またね、その直前に色々とまぁ、
盛り上がるような、色々ありますので
是非cross fmを聞いていただいてということで
今日は本当に、この時間ね、
しかもエマにお話しをすることができたということで」

エマ「すみません、長々と。」

相越「いえー、ありがとうございました。」
「明日、寝坊しないように。
あのー、向かって下さいね。」

エマ「分かりました。」

相越「吉川さんのツアーでギター居ないみたいな。」

エマ「大丈夫です。」

相越「(笑)はい。よろしくー。」

エマ「よろしくです。」

相越「ということで、
菊地英昭さんにお話しをお伺いしました。」

エマ「イエローモンキー、聴いちゃってください。」

相越「どうもありがとうございました。」

エマ「あ、こちらこそ、ありがとうございました。」

こんな感じで、10分もエマインタビューが流れました。

途中端折ろうかなと思ったが、

ここはここはと、思って文字起こしてたら

端折ったの1ヶ所だけで、ほぼ載せてしまった・・coldsweats01

エマちゃんの本、買ってなかったけど

なんか読んでみたくなったなぁ。

よし、買おう!決めた!

で、この記事をまとめ終わった所で

ちょうど19時だったから、ラジオつけたけど

あれ?イエローモンキーは??

よーく、FM福岡の番組表見たら

イエローモンキーの名前がない!

TOKYO FMと同じ「サンデースペシャル」って

番組がFM福岡の19時にもあったから

てっきり、福岡でも聞けるんだ!って

楽しみにしてたのにぃ(´・ω・`)

違うサンデースペシャルだったよ・・

確認不足です・・・shock

まぁいいや。

私は4時間楽しんだので。

エマちゃんのインタビューも聞けたし♪

多分、今回、福岡が一番幸せですよね。

皆さんにも、少しでも、幸せをおすそわけというか

できればと、エマちゃんインタビュー

頑張ってみました。

1日1回、応援クリック ポチッとオネガイします

|

« 「音楽のちから」にチラッとJAM | トップページ | パンドラ »

コメント

まぁ~ラミパスさんこんなに長いインタビューを載せて下さってありがとうございます。
幸せのおすそわけ頂きました(≧∇≦)
私もエマちゃんの本は読んでいなかったのです。
読みたくなりますね。購入しようっと。

投稿: noshiko | 2013年7月 7日 (日) 22時11分

◆noshikoさん
よかった。喜んでいただけてhappy01
頑張った甲斐ありました。

>私もエマちゃんの本は読んでいなかったのです。
>読みたくなりますね。購入しようっと。
あらnoshikoさんも。
さっきamazonにポチりましたsmile

投稿: 管理人★ラミパス | 2013年7月 7日 (日) 22時46分

 ラミパスさん ありがとうございましたhappy02heart04

 わぁ すごい
 まるっと聴いてる気分だなぁ…と思ってたら
 エマちゃんのところは
 ほんとに ほぼまるっとだったんですねhappy01
 そして まだぽちっとはしてませんが(笑)
 おなじくエマちゃんの本
 気になってしまったひとりです(^^ゞ

 

投稿: みけ | 2013年7月 8日 (月) 15時01分

コメントするのは今回が初めてです。
エマちゃんのラジオ起こし、探してました。
あんなにたくさんきちんと起こしてくださって、ありがとうございました。
ラジオ、聞けないもので。
エマちゃんの本、すっごくいいですよ。内容、ずっしり。
読み応えありまくりです。
本当にありがとうございました。重ねて感謝です。

投稿: 大感激です | 2013年7月 8日 (月) 16時02分

ラミパスさん、おすそ分けありがとうございますhappy01

もうレポと言うより、実際にラジオを聴いてる気にさせてくれる詳細な文字起しに感動ですsign01


投票のコメントには、ライブ関連のコメントが多かったんでしょうか?
私は映像でしか知らないので、ちょっとくやしいですdash

投稿: まるん | 2013年7月 8日 (月) 21時02分

◆みけさん
喜んでいただけて良かったです。
ほぼまるっと頑張ってみましたwink

>おなじくエマちゃんの本
>気になってしまったひとりです(^^ゞ
みけさんも気になりました?
エマちゃんの本、届くの楽しみですhappy01

◆大感激ですさん
コメントありがとうございます。
こんなに喜んでいただいて、私も嬉しいですhappy01

>エマちゃんの本、すっごくいいですよ。内容、ずっしり。
>読み応えありまくりです。
お、そうなんですね。
楽しみだなぁ。早く読みたい!

◆まるんさん
喜んでいただいて良かったですhappy01

>投票のコメントには、ライブ関連のコメントが
>多かったんでしょうか?
投票のコメントの内容には触れてなかったのですが、
ライブで人気のある曲が上位に入ってて
エマちゃんも嬉しかったようですconfident

投稿: 管理人★ラミパス | 2013年7月 8日 (月) 22時07分

ラミパスさん、
いつも書き起こしして下さって、
本当にありがとうございますsign03

今回のラジオはどちらも聴けなかったので、
幸せのお裾分け、本当に嬉しかったですw

しかもエマちゃんやしheart04
エマちゃんの、あの舌っ足らずの喋り方が、
たまらなく好きなので、想像しながら、
堪能させて頂きましたlovely

本は『表裏一体』の事なんですかね?

『表裏一体』なら、こないだ、
買いそびれた吉井さん表紙の『bridge』と
一緒に買いましたぁshine

でも、なかなか本にまで時間取れなくて。。。

でも、読むのが楽しみになりましたぁnote

投稿: ゴロ | 2013年7月 9日 (火) 00時49分

◆ゴロさん
おすそわけ、喜んでいただけて良かったですhappy01

>エマちゃんの、あの舌っ足らずの喋り方が、
>たまらなく好きなので
うんうん。
あの喋り方が可愛くてたまらんのですheart01

>本は『表裏一体』の事なんですかね?
菊地英昭っていう本としか言ってなかったんですが、
多分、そうなのかなと思います。
ゴロさんはお先に買ってたんですね。
読むのが楽しみですねぇhappy01

投稿: 管理人★ラミパス | 2013年7月 9日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「音楽のちから」にチラッとJAM | トップページ | パンドラ »