« スイートベイジルに癒される | トップページ | ルー・リードが亡くなった・・ »

2013年10月27日 (日)

吉井こねくり棒、そしてアトリエ

1300262612_khtirtavb0meixu9

リスナーからのメッセージで、
「こねくり棒とは足ツボとかこねくると
気持ちよさそうですね。」
と。

それに対して、
「足ツボをこねくるには
ちょっと細いかもしれません。」
と。

こねくり棒って、細いんだ(笑)

さて、今週のこねくり棒

今週は、ちょっと真面目です。

そして、私には、ちょっと難しいー。

なんだか上手くまとめられなかったので

ほぼそのまま文字起こしーsweat01

吉井さんのスタイリスト二村くん。

彼はちょっとオタクらしい。

家具とか植木とか、お店のディスプレイもやってて

すんごい詳しいんだって。

一時期はいいバッグを持った方がいいのかなと

思っていた吉井さん。

でも近頃は、

丈夫で機能的で、デザイン的に優れてる方がいいなぁって

そういうお年頃(笑)になってきたそうです。

「靴が好きな人の名言で
『私は安い靴を買う程、裕福ではない』っていう
超いい名言があるの。

だから結局、いい靴を買って
直しながら履くのがっていう意味で、
安い靴をいっぱい履きつぶしてやるほど
それは、金額の問題じゃなくて
精神の問題なんだなって思ったんだけど。

それ程、裕福じゃないっていうのと一緒で
例えば家具なんかも、
ソファーが何十万もしたら
高いって言う人もいれば、
まぁ安いっていう人もいるかもしれないけれど
でもやっぱり、一生使えるものを買えば
愛着も出るし、味も出るしっていうのは
今んなって思うよね。」

「一生使えるったって、あと20年位しかないぜ。」

いやいや吉井さん、もっとありますよsweat01

「例えばさ、音楽が仕事だから色んな音源聴くでしょ
やっぱり色んな新しいものを聴いてみたいと思うし
もちろん、色々調べたりして聴いたりもするんだけど
もちろんその中で、凄いいいものもあるし

で、例えば、今さ、レコードとか普段聴いてるんだけど
レコードには敵わないよね
CDとか、もちろんデータものとかは

でさ、いわゆるオリジナル盤っていって
ホントにそのファーストプレスみたいなものを
なるべく探してね、
やっぱりプレス期が新しい時のもの程と音がいいから
ファーストプレスとか、マトリックスナンバーっていってね
その型が若い奴
実際違うんだけど、それも話すと長いんだけどね

で、レコードを聴いてると、
多分ね、俺あんまり音楽を知らないからかもしれないけど
ジャズにしてもロックにしても
ま、クラシックはちょっとわからないけど
あんまり聴いてないんで
あの、一生聴ける音楽ってあるんだよね。

やっぱローリングストーンズって一生聴けるんだよ。
ローリングストーンズとかジミヘンとか
ビートルズもそうだけど
ま、その有名なレコードって、今相場でね
オリジナル盤っていうと、大体5万くらいするの
平均、ビートルズとかね
ま、ジミヘンとか状態がいいと、10万くらいするんですよ

で、それは、高いって思ったの、最初。
思ったんだけど、でも大事に聴けば一生聴けるんだよね。
そのレコードは

でさ、音だけがオリジナルなんではなくて
ジャケットの色味から何から全部がオリジナルじゃない
デザイナーのこだわりもちゃんと反映されてて
でさ、ひとつの芸術作品
で、それは、決して高いものじゃないなって思っちゃって
なんか、人が一生付き合って行く作品ってなんか
そんなにたくさん無いんじゃないかな

で、例えばギターなんかも、1950年代後半のギターとか
ギブソンっていう会社のね、
有名なレスポールとか、平均の相場が2千万なの
2千万だよ!!

で、売られてた当時は30万以内だったんだよね。
今と同じくらいの値段で

で、それが、有名プレイヤーが使ってたとか
もう伐採できない木で作ってるとか
ハカランダっていう採れない木だったり
あとは、鉄がもう、その成分じゃできない鉄だとかさ」

「それは鳴りも違うんですか?」と相越さん

「全く違う!!
だけど、2千万は高い!(笑)
2千万は高いけど、でも、そりゃわかる。」

「ちょっと前までは何百万だったけど、
ここにきて何千万になっちゃった
それは、まぁ骨董品だから
壺にほら、何億ってあるのと同じだから
壺とギターじゃ、
どう違うんだみたいな話になっちゃうじゃない。車とかね。

で、そのさぁ、実際に、1957年8年9年60年っていう
その4年間とか、めちゃ高いのよ。実際、本数もないし。
だけど、61年になった瞬間に、百万円になっちゃうのよ
これが、1年前は2500万円とかなのに。」

「何きっかけ?」と相越さん

「形がまず変わるのよ。
あのSGになるんだよ。レスポールが。
そういう色んな部材とか、まぁその会社の精神の違いで
値段が上がり下がりしてるんだけど

なんか、考えてみると
やっぱり実際高い4年間のギターは
実際凄い手間暇かかってるし
ちゃんと木から水を抜く作業も何年もかけてやってたり
(小声で)今は機械でやるんだって。

最近は、木でギターを作るには
その木の水分を何パーセントまで落とさないといけない
っていう決まりがあって
昔はそれを、天然でやってたんだけど
今は機械でやるんだって

だから、水が数値上抜けているだけで
実際は中にあるんだって
で、その上から塗装を吹いちゃうから
水が入ったまんまロックされて、
ぶにゃぶにゃな、ぶにゃんぶにゃんな音しか
♪ぶにゃんぶにゃん だーだ ぶにゃんぶにゃん♪
なんの曲だよ。聴いたことないよ(笑)

で、やっぱりほら、ギターも
まぁ、これちょっと僕の考え方なんだけど
ギターも打楽器なんだよね
パーカッシブなプレイの、アコギなんかもそうだけど
やっぱり、木が乾いてて、鳴った方がやっぱりいいので
その手作業ひとつとっても違うし、

とにかく、要は、そのレコードの話もそうだけど
その何でも、形あるものは
その職人の魂、こだわりとか
で、僕らの作る楽曲も、
やっぱり、魂がもの凄く入ってるものもあれば
残念ながら、入ってない時期も正直あったりするの」

「言わないで(笑)」と相越さん

「入ってないとは言わないけれど、入らなかった
いやそりゃあるよ。

で、やっぱり入ってるものは、
永遠に指示されるんだよね。僕らの楽曲も。

だから、やっぱり魂は、一番大事な
当たり前だけど、物づくりには必要な、ものだねぇ。」

今回は、とても為になるお話でした。

こねくり棒でも話に出てきた、ローリングストーンズ

先日のジャパンプレミアの記事がちょこっと出てます。

BARKS

あぁ、それと!

「Rolling Stone 日本版」12月号と「Talking Rock!」12月号に

吉井さんが表紙+インタビュー

どっちも11月9日発売みたい。

久々だぁ~♪

予約しなくてはっdash

あとあと、

441108chで、Log:Musicも更新!
(まだ観てないー)

で、先日、鋤田正義さんの写真展へ行ってきたのですが

その際に、またアトリエへ行ってきました。

今回はドライカレー
Photo

ドライカレーにカレーもかかってて

半熟の目玉焼きも乗っかって

マヨネーズと福清漬けも添えられてと

一皿で何度も楽しめました。

ボリュームも満点!サラダ付き。

食後はアイスコ♪

美味しかったーdelicious

で、10月10日TENTENの日に

久々にアトリエに来店された吉井さん。

なんと!

サインが飾られてましたー!!
Photo_2

その横には、吉井さん表紙のBEA VOICE
Beavoice

リンちゃんコースターに
B

カウンターの奥に、The Applesが飾られてたりと

吉井さんがアチコチに!

わぁ、なんだか吉井さんがいっぱいだよ。

マスター、ありがとうございます。

また行きたいと思います。

あ、鋤田さんの写真展

今回の方には、吉井さんおらんかったー。(残念)

でも、とても素敵な写真展でした。

ポストカードも買っちゃいました。
Photo_3

1日1回、応援クリック ポチッとオネガイします

|

« スイートベイジルに癒される | トップページ | ルー・リードが亡くなった・・ »

コメント

文章起こしおつかれさまでした!
大変やったろぅ。
でもとても読んでるほうはリアル感あってとてもうれしかったです☆

アトリエ、おちつくねぇ~。

投稿: hama | 2013年10月28日 (月) 13時08分

 ラミパスさんheart04
 吉井こねくり棒
 お忙しい中 今回も
 届けていただき 
 ありがとうございますhappy02

 前回とは うって変わって
 深~いお話で
 こねくり棒の懐の深さを
 思い知りました (〃 ̄ω ̄〃ゞ

 そして アトリエさんの吉井サインも
 見れたりして
 とても うれしかったですshine
 なにせ ちょこっと覗きに行くという訳には
 行かない距離ですから…(笑)

 写真展の方には
 吉井さんいなかったようで残念でしたが
 素敵なポストカードなど
 いろいろ楽しめたようで何よりでしたhappy01

投稿: みけ | 2013年10月28日 (月) 13時38分

◆hama
文字起こし、頑張ってみましたrock
大変だったけど、喜んでもらえてうれしいです。

>アトリエ、おちつくねぇ~。
うんうん、おちつくー。
年内また行けたらいいねcafe

◆みけさん
こねくり棒、喜んでいただけて良かったです。
頑張った甲斐ありましたhappy01

>こねくり棒の懐の深さを
>思い知りました (〃 ̄ω ̄〃ゞ
ホントに・・次週はどうなることやらcatface

>アトリエさんの吉井サイン
TENTEN!って書いてるとこがいいですよね。
こちらも喜んでもらえて良かったです。

>吉井さんいなかったようで残念でしたが
はい。ちょっと残念・・
でも素敵な写真展でしたconfident

投稿: 管理人★ラミパス | 2013年10月29日 (火) 04時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スイートベイジルに癒される | トップページ | ルー・リードが亡くなった・・ »