« ヨジー・カズボーン | トップページ | SLS2015、スペシャで観たよ! »

2015年10月18日 (日)

MTVの吉井さん特集

Lh1

まずは、吉井和哉 VideoSelects

流れたのは、

ビルマニア
LOVE & PEACE
クリア
(Everybody is)Like a Starlight
超絶☆ダイナミック!
(Everybody is)Like a Starlight(Live ver.)

MVが流れただけです。

で、その後の

吉井和哉 Live History -Beginning & The End-
Lh2

こちらは、今までのライブパフォーマンスを
吉井さんが解説をしていきながら
オンエアしていくという流れ。

番組は1時間半もあり、まるっととはいきませんが
私なりにまとめてみました。

YOSHII KAZUYA 2005
OA曲『スティルアライヴ』

2005年にYOSHII LOVINSONとして
初めてステージに立ち10年。
 

吉井さん自身も各ツアーに色んな思い入れがあり
ファンの方もそれぞれ印象に残ったツアー
曲、バージョンとかあるんじゃないかなと思い
ファンの方にリクエストをした企画

Kazya Yoshii Beginning & The End』

10年間で行った全ツアーの楽曲から
当日のセットリストを決定するそうです。

ソロデビュー当時

30代半ばって、まだ幼いし
自分の音楽的なものが達成できてないっていう
“ハングリーな気持ちを抱えたまま”
スタートしたソロ活動だった
 

今思えば、その時のようなギスギスした感じ
ていうのは今はあまりないかもしれない。

YOSHII LOVINSON TOUR 2005
AT the WHITE ROOM

OA曲『欲望』『HATE』

イエローモンキーの解散を発表し
一人のアーティストとしてやっていかなきゃならない
という気持ちもありつつ、
半分引退もしたかったという吉井さん
 

これからの音楽はこうじゃないんじゃないか
田舎に住んでるオルタナカントリー
そういうスタンスで行きたかったらしい
 

もうお客さんはいないんじゃないかと
思っていた吉井さん
最後のNKホールが2日間SOLD OUTになったと聞き
びっくりしたと同時にありがたかったそうです。
 

今まで夢に向かって突き進んできて
ふと夢を掴んで一人になった時に
振り返った時に居た人達
未来というよりも、過去に対して歌いだした
 

『HATE』は戦争と家族の歌
YOSHII LOVINSONは家族の歌が多いんです。
 

ツアーが始まった時は家族と離れて、
今度はスタッフというか仕事をする家族と
一緒になるんだという切替のツアー
そんな中での『HATE』は印象深かったらしいです。

Lh3

Lh4

改めて久しぶりにロビンソンくんを観ると
ヒリヒリ感、ハンパない!!
なんかドキドキしちゃうね。
ストイックで危うくて・・
好きだけど、安心できないcoldsweats01
好きだけど・・・

TOUR 2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA
OA曲『黄金バッド』

Lh5

YOSHII LOVINSONから吉井和哉へ
自分が得意だったエンターテイメント性を
無理矢理タンスから出して纏ってやったような
自分に発破をかけ、無理してたとこもあった
 

とはいえ、自分の得意なとこなので
ファンの方も納得できるようなツアーだった
 

スタッフとの美味しいご飯も堪能するようになり
酒も飲み、
自分はこうやって一生
ツアーをしながら旅をしていくのかなって
それまでの引退モードとは違う感じになり
エンターテイナーとしてやっていかなきゃいけないんだな
という気持ちにもなった
 

けれども、
YOSHII LOVINSONの時のような精神状態も捨てたくなかった
 

とにかくこのツアーを盛り上げて終わらせたい
そんなツアーだったそうです。

39の頃の吉井さん、結構人気高かったりするようですが
実は私、ちょっと苦手なんです。
多分、当時はそんな風に私は語ってませんでしたが・・
(語れなかったsweat01

吉井さんもその後、ちょこちょこ言ってましたが、
やっぱり“無理してる感”がヒシヒシと伝わってきて
なんかその辺が、不安にさせられたというか

いや、カッチョイイんですがね
100%楽しめなかった私がいるんです。
ごめんね、吉井さん。

GENIUS INDIAN TOUR 2007
OA曲『Shine and Eternity』

Lh6

イエローモンキー、YOSHII LOVINSONと線を引き
ソロアーティストとしてツアーをやっていかなきゃと
割と試行錯誤していたツアーだった。
 

ポジティブな曲が目立ち出したので
退廃的なイメージを持っているファンの方からは
アンバランスな見え方もしていたのかな。

この頃からは、もう安心して観れるというか(笑)
100%吉井和哉を楽しめてました。
賛否のあるキャッチーなシャイエタとかも
私は大好き。
ヒリヒリも確かに好きですが、
今の吉井和哉だからこそ届けられる歌が
この頃から好きになりました。

Dragon head Miracle tour 2008
OA曲『CALL ME』『シュレッダー』『WEEKENDER』

Dragon head Miracle tourから
ジョシュも一緒にツアーに参加するようになり、
ジョシュとジュリアン 2人アメリカ人の中
欧米の音を感じながら
ミュージシャンとして試行錯誤したツアーだった。
 

ジョシュ・フリーズとやったり、
今は吉田佳史とやったり、
イエローモンキーのアニーとか、
 

やっぱり、バンドって素晴らしい
集まった時の100%以上の気持ちよさ
唯一無二のグルーヴ、そういうものを最近感じる
いろんな人とやれたから、そう感じたんだと思う。

TOUR 2009 宇宙一周旅行
OA曲『ビルマニア』『恋の花』

Lh7

吉井和哉として
初めて自分のソロでやっていくべく
世界が見つかったツアー
それは『VOLT』というアルバムがあったから
 

イエローモンキー時代に得意としていた
アプローチで作品を作れたアルバム『VOLT』
 

『ノーパン』『恋の花』は
YOSHII LOVINSON時代の曲だったんですが、
その時は形にしなくて
今だなというタイミングで
自分が歌いたいという詩を
多少血腥くても歌うべきだと思ったそうです。

YOSHII BUDOKAN 2010
OA曲『ACIDWOMAN』

Lh8

イエローモンキーのオリジナルメンバーが
初めてライブをやった日
吉井さんがボーカリストとして
初めて歌った日が12月28日
 

イエローモンキー時代にメカラウロコ7を
初めてその日に武道館で行った

売れている曲をやらずに、
売れる前の曲だけで構成した
“なめんじゃねぇぞ的”なライブだった
 

そんな伝説の日だった。 

その日にソロになっても
武道館でやるべきじゃないか
ということになった。
 

で、恐れ多いが
タイトルはYOSHII BUDOKAN
大阪はYOSHII JO-HALLっていう名前に
 

2~3回やってその名前はなくなりましたけど。

Flower & Powerlight Tour 2011
OA曲『FLOWER』『LOVE & PEACE』

Lh9

Lh10

このツアーは震災があって
ツアーも震災で何本が中止になってしまった。
 

音楽でどれだけ人々に力を与えることができるんだろう
いわゆるリアルなメッセージ
音楽の中にあるパワーみたいなものを
考えさせられたツアーだった。
 

とくに『FLOWER』『LOVE & PEACE』の2曲は
感慨深いものがあった。
 

『LOVE & PEACE』の
日曜日の朝が来て歯を磨いたら ここはまだ平和な場所だ
っていう詩があるんですけど
そういう当たり前だった平和・幸せっていうのが
一瞬で崩れ去ったことだったので
ただ歌うんじゃなくて、自分にも歌うような歌でもあった。
響き方として、今までと違った楽曲になったと思う。

個人的に、この頃の吉井さんがとても好きです。
ビジュアル面でも一番好きheart01
なんだろう・・
内面から溢れる、そういうものもあるのかな?
この頃の吉井さんの表情とか、とても好きなんです。
切なくてキュンとさせられる所もあるけれど
優しくて癒される所もあって・・
一番心地いいかな。

.HEARTS TOUR 2012
OA曲『HEARTS』

ちょうどソロ10周年の時期
『HEARTS』『血潮』は自分の中でベタな楽曲
日本的な薫りのする、そういう楽曲で
当時出すのをためらっていたけれど
震災後、そんなとこで照れている場合じゃない
詩も凄く含ませているので、届けたい
と思ったらしい。
 

ポジティブなものへのトラウマは
ちょっとなくなった。
違う見せ方ができるようになってきたそうです。

TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA
OA曲『トブヨウニ』

それまで主要都市ばかり行っていたので
主要都市以外を周ったツアー
 

GOOD BYというのは、
ちょうど10周年だったんで
一回さよならして、また新しい道を行きましょう
みたいな感じ

この頃の吉井さん、髪型可愛いなぁhappy01
Lh11

10年間を振り返って

アーティストとしても、一人の人間としても、
凄い色んな事があったし
音楽とツアーとともに成長していった
気がしているし
 

一つのツアーって、人間を凄く成長させてくれる
そういった中で、またさらに次の10年
いろんなツアーをしていくと思うんですけど
 

「吉井さんってやっぱ何歳になっても凄いよね」
っていう
自分にできる唯一の自慢でありたい
永遠に死ぬまで、B.B.キングさんのように
ステージで皆さんと触れ合いたいなと思ってます。

YOSHII KAZUYA STARLIGHT TOUR 2015
OA曲『ボンボヤージ』

Lh12

Kazya Yoshii Beginning & The End
Lh13

スタッフから年末恒例の武道館
もっとスペシャルなものにしたいよねって出てきて、
その中でファンの方から
ツアーで印象に残っている曲をリクエストしてもらおう
っていう感じで
 

僕としても暗闇の中で引きこもっていた
YOSHII LOVINSONのライブから
ちょうど10年なんで、
今の体と心で『HATE』を歌ったらどうなるだろうとか
そういうことも楽しみ
 

次へのBeginningにもなるような気がするし
同時にEndになると思うし
 

年末の武道館って
心の大掃除ってよくMCで言ってるんですけど
恒例の厄払いみたいな
 

過去のパフォーマンスも今のパフォーマンスにして
みんなで厄払いできたらいいねっていう
そんな感じです。

心の大掃除・・
したいよぉ・・・
リアルタイムで。

最近生放送してくれませんよね。
悲しいです。
テレビでちゃんと生放送して欲しいなぁ。
スペシャルなものにするのなら、
スタッフだけでなく、今回はファンだって参加しているのだから
でも観に行けないファンの方が
圧倒的に多いのだから、
生放送して欲しいよ・・sad

最後に、
『(Everybody is)Like a Starlight』
のライブバージョンが流れておしまい。

なかなか、濃い内容でしたよ。

とても楽しめましたhappy01

1日1回、応援クリック ポチッとオネガイします

|

« ヨジー・カズボーン | トップページ | SLS2015、スペシャで観たよ! »

コメント

こんにちは。
凄く濃く長いレポをありがとうございます
読んでいてソロからの今の吉井さんを思い出してました。
この番組は見れないので忘れてました(^_^;)
写真もヒリヒリの顔から変化していて良かったです!
年末の武道館ライブは生放送するんでしょうか?
うちは見れない組なので、ツイッターやネットなどを読んで想像したいと思います(^_^;)
レポ、お疲れさまでした

投稿: あずき | 2015年10月19日 (月) 16時09分

VideoSelectsの方は
まぁ いいかってスルーしちゃったので
曲目がわかってうれしいですhappy01
ありがとうございましたshine

Live History -Beginning & The End-
90分の中での駆け足の軌跡でしたが
本当に濃い内容でしたね。
あれで くら~っと
また吉井さんの魅力に負けた方も
少なくないかも(^^ゞ

何回も観たくなるそんな番組。
思えば 吉井さんから
いっぱい力もらえてたんだな~と
しみじみ振り返ってしまいましたclover

投稿: みけ | 2015年10月19日 (月) 16時31分

◆あずきさん
>写真もヒリヒリの顔から変化していて良かったです!
表情もその時々で変化していき、興味深かったですねconfident

武道館ライブは気になりますね。
生放送して欲しいのですがーdespair
今年はどうなるんでしょうね?

◆みけさん
>曲目がわかってうれしいです
いえいえhappy01
まぁ、MV流れただけでしたけどねsweat01

Live Historyは濃かったですよね。
色々と思い出しました。

>いっぱい力もらえてたんだな~と
ホントですね。
吉井さんに、いっぱい助けてもらいましたshine

投稿: 管理人★ラミパス | 2015年10月19日 (月) 23時58分

ラミパスさん こんばんは!
ご無沙汰しておりますm(__)m

SSTV観れないので
詳しいレポほんとに有り難かったです!
ありがとうございます。
ますます年末ライブが楽しみになりました。
武道館参戦できない方々のためにも
生放送是非ともやって欲しいものですね。

投稿: そうけい | 2015年10月20日 (火) 02時54分

◆そうけいさん
いえいえ、楽しんでいただけてよかったですhappy01
年末も楽しみですね!

>生放送是非ともやって欲しいものですね
はい、是非是非!!
せめてテレビで参加したいですnote

投稿: 管理人★ラミパス | 2015年10月20日 (火) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨジー・カズボーン | トップページ | SLS2015、スペシャで観たよ! »